内臓、肉類の原材料を規格に合わせた食感に仕上げます。 主な使用原料は、豚内臓、牛内臓、牛すじ、豚バラ肉。商品の要となる、重要な下加工を行う役割を担っています。